住吉大社宿院頓宮 トップページへ   摂津国と和泉国の二つの国の御旅所 住吉大社宿院頓宮    
宿院頓宮由緒 年中行事 ご祈祷のご案内 境内のご案内 参拝のご案内
 

荒和大祓神事

 
住吉祭りと荒和大祓神事
 
    古来、日本では清浄を尊び国家の行事として大祓を執り行ってきた。
大祓には毎年行われる恒例の大祓と
臨時の大祓とがある。

恒例の大祓は6月と12月の寒暑の厳
しい時期に行われ、
6月の大祓を夏越(名越)の大祓と云い、12月の大祓を年越の大祓と云う。

この六月の大祓が夏祭りとして伝承されてきた。

 住吉大神は、記紀によれば伊弉諾命が筑紫の日向の橘の小門の阿波岐原で、禊祓をされた時に出現された神と伝えられている。
 
又、天平3年(731)の奥書がある『住吉大社神代記』に「三所の大神、(住吉大明神と称すなり)祷り祓除へする縁発」とあって、御祓いの神とされる所以でもある。

更に、同神代記には「6月御解除。開口水門姫神社。」とあり、奈良時代すでに、大祓いが行なわれていたことが窺える。

因みに「開口水門姫神社」は延喜式(976)にみえる和泉国大鳥郡の「開口神社」に当たり、神代記には「子神」とある。

 今日では単に「おはらい」と呼ばれる住吉祭は、古くから南祭とも云い、夏の盛りに住吉から堺の宿院頓宮へ神幸があり、着輿祭の後、飯匙堀において古儀に則り茅輪をくぐり菅貫を以て「荒和大祓神事」を執り行い、人形に罪穢を託して祓具と共に茅渟の浦海に流して堺の平安と発展を祈るのであるが、もともと摂津・河内・和泉の国中の大祓の意味が込められている。

 尚、住吉祭は昭和47年に大阪府民俗資料(民俗無形文化財)に採択された。
 荒和大祓神事の模様
 
 
  住吉大社宿院頓宮

〒590-0955 大阪府堺市堺区宿院町東2丁1-6  TEL:072-232-1029

Copyright (C) 2013 Shukuin Tongu. All Rights Reserved.